住友林業信者が語る!積水ハウスシャーウッドの3つの魅力とは

f:id:ownhome:20190210100952j:plain

こんにちは、もりっちです( ^∀^)

住友林業で家を建てることを決めたもりっちですが、実は、積水ハウスも検討メーカーに入っていました。

積水ハウスと言えば、数多くあるハウスメーカーの中でも国内最大手!!

鉄骨メインの積水ハウスですが、積水ハウスが手掛ける木造こそが、そう!

積水ハウスシャーウッド٩( ‘ω’ )و

もちろん、「住友林業の方が良い!」と判断したからこそ今があるわけですが、そこはやはり国内最大手の積水ハウス。

積水ハウスにも当然に魅力があるわけです。

ということで!

今回は、地元の工務店から大手ハウスメーカーまで6~7社を比較検討し、最終的には住友林業で契約したもりっちだからこそ感じた、積水ハウスシャーウッドの3つの魅力をご紹介していきます。

それでは!

今日もはりきって行きましょー( ^∀^)

積水ハウスとの出会いのきっかけはSUUMO

まずは、積水ハウスとの出会いから。

大手思考は全くなかったもりっちがどのようにして業界最大手の積水ハウスと出会ったのかと言いますと、SUUMOカウンター(注文住宅)を利用したことがきっかけでした。

f:id:ownhome:20190109192812p:plainf:id:ownhome:20190109191420p:plain
SUUMOカウンター(注文住宅)

「ハウスメーカーと工務店の違いって何?!」「どの業者が自分にあってるの?!」なんて広告をネットで見つけたもんで、思わずポチッてしまったのでした。

SUUMOカウンターで無料家づくり相談!

ネットで予約し、職場近くである池袋のSUUMOカウンターで、仕事後の18時から約2時間相談させてもらいました。

ちなみに相談は無料(´ε`*人)

SUUMOカウンターでは、以下の流れで話が進められました。

  • ハウスメーカーと工務店の違いの説明
  • 家づくりの一般的なスケジュール説明
  • 建てたい家のイメージ、要望の確認
  • おすすめ業者紹介

もりっちが担当さんに伝えた内容は、以下のとおり。

  • 木造(鉄骨は考えていない)
  • 高気密・高断熱で、住み心地の良い家
  • アフター保証がしっかりしている
  • 和モダンっぽい家が好き

大手思考はなかったもりっちではありますが、この条件を伝えてSUUMO担当者からまず言われたのが、「もりっちさんは完全に大手ハウスメーカー向きです。」とのこと。笑

そして上記をもとに「おすすめ業者」を4社ほど提案してくれたのですが、その中の1つが積水ハウスシャーウッドだったわけです。

SUUMOで相談すると嬉しい特典が

SUUMOカウンターからの紹介を受けると、SUUMOならではの嬉しい特典がついてきます。

  • 優秀な営業マンを紹介してもらえる
  • SUUMOオリジナルの保証が無料でついてくる

中でも、「優秀な営業マンを紹介してもらえる」というのは、家づくりにおいてめちゃめちゃ重要なことですので、SUUMOへの相談は非常におすすめです(人´ω`*)

ガストで初打ち合わせ!

積水ハウスシャーウッドとの初打ち合わせは、もりっち御用達のガスト。

平日20:30〜という遅めの時間でお願いしましたが、快くオッケーしてくれました。

予定よりも仕事が早く終わり20時前にガストに到着したもりっち夫婦は、軽く夕飯を済ませ、ドリンクバーを飲みながら待っていたのでした。

そして定刻より少し前に営業マンが入店し、無事、合流に成功(人´ω`*)

「あらやだ営業マンイケメンっ( ・ᴗ・ )」

ドリンクバー代はおごってもらえる

驚いたのが、営業マンからの第一声目。

「ドリンクバー代は、弊社で負担します^^」とのこと!!

これまで他大手(三井ホーム・住友林業)も初回はファミレスで打ち合わせをさせてもらいましたが、そんなこと言ってくれたのは積水ハウスのみ。

さすが、業界最大手……( ゚∀゚)!

ただ前述のとおり、もりっち夫婦はすでに夕飯を済ませており、夕飯+ドリンクバーの伝票が手元に来た状態でした。

その事情を伝えると……

営業マン、困惑しとるやないかいっ( ^∀^)

結局もりっちの方から「ドリンクバー代、大丈夫ですよ^^」と爽やかにお断りしたのでした。

チックショ~~~( ^∀^)!!

もりっちの学び

積水ハウスは、ドリンクバー代はおごってくれるわ。おとなしくドリンクバーだけ頼んで待つのが得策よ( ・ᴗ・ )

積水ハウスってどんな会社?

まず初めに、「積水ハウスってどんな会社?」ということをちょっとだけご紹介٩( 'ω' )و

着工件数業界No.1!

積水ハウスは、何を隠そう!

年間着工件数全国No.1のハウスメーカーです。

その数、約25,000棟。

2位のセキスイハイムは約12,000棟、住友林業は5位で約10,000棟ですから、積水ハウスの規模の大きさが分かりますね。

積水ハウスはもともと鉄骨のみだった

積水ハウスは、もともとは鉄骨のみの会社だったんですって。

なので、いわゆる「積水ハウス」は鉄骨なんですよね。

積水ハウスの木造が「シャーウッド」

もともと耐震性を考え、木造よりも圧倒的に強い鉄骨のみを取り扱っていた積水ハウスでしたが、時代とともに家づくりの技術が向上していったわけです。

その結果、木造でも十分な耐震性が保てるようになってきました。

そして、木造は鉄骨よりも

  • 費用が抑えられる
  • 断熱性に優れている
  • 間取りの自由度が高い
  • 住み心地が良い

など、たくさんのメリットがあるため、積水ハウスも鉄骨のみならず木造も手掛けるようになったんですって!

「耐震性に問題ないなら、やっぱり木造が良いわよね( ・ᴗ・ )」

住友林業に決めた私だからこそ分かる!積水ハウスシャーウッドの3つの魅力

では、ここからが本題!

6~7社を比較検討した中でも、住友林業の競合相手として最後の方まで残った積水ハウスシャーウッド。

業者選びに悩みに悩んだもりっちだからこそ分かる、シャーウッドならではの魅力についてご紹介していきましょう٩( ‘ω’ )و

なお、積水ハウスシューウッドで3階建てを検討していたもりっちの実際の見積もり・価格は以下の記事でまるっと大公開しています(^∀^ )

www.moricchi.com

外壁は「ベルバーン」で決まり!

積水ハウスシャーウッド最大の特徴と言えば、陶板外壁です。

その名は……

ベルバーン٩( ‘ω’ )و

一般的に、外壁は大きく分けて3種類あります。

  1. モルタル
  2. サイディング
  3. タイル

それぞれ見た目や特徴が異なります。

f:id:ownhome:20190208210453p:plain

壁材の種類 特徴
モルタル 水・砂・セメントを混ぜたものをコテで塗装して仕上げる外壁材。
〇耐火性が強い
〇色分けするとオシャレな仕上がりに
✖工期が長い
✖色によっては雨だれが目立つ
サイディング 板状のもの(サイディングボード)を何枚も貼り合わせていく外壁材。
〇選べる種類が多い
〇工期が短く済む
✖板と板の継ぎ目が目立つ
タイル 自然素材を高温で焼き、1枚1枚敷き詰めていく外壁材。
〇耐久性が高くメンテナンス費が安く済む
〇見た目がオシャレ
初期費用が高い

しかし!

積水ハウスシャーウッドのベルバーンは、上記3つのどれでもない、いわば第4の素材なんです!!

f:id:ownhome:20190208212935p:plain
ベルバーン

ベルバーンはタイル同様メンテナンス費がお得

ベルバーンは、分かりやすく表現すると、タイルの大きい版。

1100度の超高温で焼いた3m×30cmの大きな陶板を貼り合わせていくんですって。

これの何が良いかと言いますと、ずばり!

耐久性が高いところ٩( ‘ω’ )و

そして耐久性が高いということは、メンテナンス費がかなり安く抑えられるという嬉しいメリットがあるんです(*゚▽゚ノノ゙パチパチ ~

通常モルタルやサイディングの外壁ですと、工務店だと10年ごと、大手ハウスメーカーだとだいたい20~30年ごとに、100~150万円前後のメンテナンス費用が発生します。

ここで有利なのが、タイル。

タイルは非常に耐久性が高いので、タイル本体はメンテナンスフリーなんです。必要なのは、目地(めじ)のコーキングのメンテナンス費のみ。

f:id:ownhome:20190208233607p:plain

check!

目地とは:タイルとタイルの隙間。
コーキングとは:目地を埋めるゴム。タイルが割れないためのクッション材としての役割がある。

ベルバーンもタイル同様に、メンテナンスは目地・コーキングのみでOKとのこと!

もりっち邸(18坪3階建て)の場合は約66万円で済んでしまうようです。

1回100~150万円もかかるモルタルやサイディングのメンテナンス費と比べ40~90万円も安く済むなんて、ありがたすぎますよね(人´ω`*)

ベルバーンは初期費用の追加もなし

しかし、メンテナンス費がお得なタイルには、問題点が。。。

初期費用が超高い(´Д⊂ヽ

仮にもりっち邸(18坪3階建て)の外壁を全面タイルにした場合、追加で300万円ほどかかるとのことΣ(゚∀゚ノ) ノ

「プラスマイナス、むしろマイナスな気がする( ・ᴗ・ )」

こうなってくると、ベルバーンの初期費用が気になりますよね。。。

しかしなんと!

ベルバーンは、追加費用なしで選べるという衝撃の事実が!!

以前は追加費用をとっていたそうですが、積水ハウスとしては、ベルバーンはたくさん売りたい商品なんですって。

たまに電機屋さんで「最新製品の方がなぜか型落ちより安い」なんてことがありますが、同じように、ベルバーンを安く設定する(追加費用を発生させない)ことで、多く売り出すという狙いがあるようです。

ちなみに積水ハウスシャーウッドでサイディングを選んだ場合、メンテナンス費は30年目に150万円かかるとのこと。

ベルバーンの場合はタイル同様に目地のみ(66万円)ですから、84万円も差が出るわけです。

追加費用なしにメンテナンス費がほぼかからない外壁「ベルバーン」を選べることは、積水ハウスシャーウッドの最大の強みでしょう(人´ω`*)

ベルバーンは積水ハウスの特許

ちなみにこちらのベルバーン、20年もの年月をかけやっと開発された代物なんだとか。

もっと言うと、時間をかけて開発した会社を積水ハウスが買収したそうな。

「積水ハウス、恐ろし恐ろし( ・ᴗ・ )」

このため当然、ベルバーンは積水ハウスの特許というわけですね。

最大手ならでは!住まいの夢工場は規模がすごい

そして2つ目の魅力は、住まいの夢工場。

住まいの夢工場とは、広大な敷地の中に建物が何棟も建ち並び、積水ハウスの構造や外壁の仕組み、設備(浴室・キッチン・床材など)を実際に体感できる巨大施設です。

f:id:ownhome:20190208203552p:plain (出典:積水ハウス公式サイト

完全予約制で、日帰りバスツアーのように1日がかりで施設を見学・体験するんだそう。

住まいの夢工場を見学することのメリットはと言いますと、

  • 実際の家に近い空間の中で、設備の規模を確認できる
  • 床材の色など比較できる
  • 予算と相談しながら設備のグレードを調整できる

などなど。

他のハウスメーカーでは、大手であっても、基本的に設備はショールームなどで「設備単体」で目にする機会しかもてません。

しかし積水ハウスであれば、住まいの夢工場で実際の暮らしの空間の中でそれぞれの設備を確認できるので、「どのグレードがベストか」「どのグレードまでは落とせるか」など、設備を選択する際の判断基準になるってわけ!

住友林業はじめ他のハウスメーカーも、さすがにこんなに大規模な施設はありませんので、この点も積水ハウスならではの強みであると言えるでしょう(人´ω`*)

しかし、広告料が気になる・・・

ただ、これだけの施設を所有しているとなると、やはり気になってしまうのが、その維持費。

最初の「ドリンクバーおごります!」と言い、住まいの夢工場と言い、どう考えても住友林業よりも羽振りが良い。

住友林業は、広告費を年間着工件数で割り出すと、1棟当たり約5万円とのことでした。

さぁ、対する積水ハウスはと言いますと……

1棟あたり約10万円とのこと!!!

「住友林業の2倍ってとこね( ・ᴗ・ )」

住友林業よりもだいぶお金をかけている積水ハウスですが、そうは言っても、何千万円のうちの10万円であれば「そんなもんか!」といった印象でした。

大手は広告費の分「無駄に建築費が高い」というイメージを抱きがちですが、実際のところ、そこまで影響は大きくないということですね。

積水シャーウッドと住友林業だけ!〇〇不要の構造で安心♪

そして3つ目の魅力は、構造面です。

積水ハウスシャーウッドの家は、普通の木造の家では「なくてはならないもの」が、ないんです。

一体何が”ない”のかと言いますと……

土台がないんです( ゚∀゚)!

f:id:ownhome:20190209160518p:plain

土台がないことは、耐震性におけるメリットが非常に大きいんですよね。

なんせ!

地震では、土台が裂けてそこから家全体が壊れていくパターンが多いそうで。

f:id:ownhome:20190209160522p:plain

当然、土台がなければこのリスクを避けられるわけです。

ではなぜ一般的な木造はわざわざ基礎と柱の間に「土台」を置くのかと言いますと、置かざるを得ないからなんですよね。

柱は、基礎に対して必ず垂直に打たなくてはいけませんが、コンクリートで作る基礎の表面を完璧に水平に作ることは、技術的に超難しいんだそう。

このため、多少凸凹のある基礎の上に木の土台を置き、水平になるよう土台を削っていくというわけ。コンクリートは削れませんが、木は簡単に削れますからね。

てなわけで、基礎を完璧に水平に造れる技術のあるハウスメーカーだけが、基礎と柱をダイレクトに接合させられるということなわけです。

そのハウスメーカーが……

  • 積水ハウスシャーウッド
  • 住友林業

この2社のみ!!(*゚▽゚ノノ゙パチパチ ~

「大手ハウスメーカーは高い」というのは、決して意味もなく高いわけではありません。

研究に研究を重ねて、このように「技術力の差」があるからこそなんですね(人´ω`*)

まとめ

国内最大手のハウスメーカー、積水ハウス。

そんな積水ハウスが手掛ける高級木造住宅のシャーウッド。

陶板外壁「ベルバーン」や「住まいの夢工場」と、ライバルである住友林業にはない魅力もたくさんあることが分かりました。

耐震性の面でも、土台がない木造を建てられるのは、さすがの技術力ですね。

6~7社に話を聞いてきたもりっちですが、構造面の安心感は積水ハウスシャーウッドと住友林業が頭1つ抜けているなと感じています。

実際に営業マンから話を聞いたり、住まいの夢工場に足を運んだりして、あなたの目で良し悪しを判断していくと良いでしょう( ^∀^)

それでは今日はこのへんで。

またお会いしましょー( ^∀^)