最強のわんたん麺はここで食らえ!府中の超おすすめラーメン「いつみ屋」レビュー!

f:id:ownhome:20181230164125j:plain

こんにちは、もりっちです( ^∀^)

もりっち、ラーメン大好きっ( ^∀^)

その中でもよく食べるのは、辛味噌やゴテゴテの煮干し系、つけ汁ドロドロのつけ麺など、割とコッテリした食べ応えのあるラーメン!

スープが透き通った淡麗系ラーメンも好きなのですが、なんせ、満腹感・満足感が得られにくくて……

このため、淡麗系ですと、ある程度美味しくても”リピートしたい”と思うことは意外とないんですよね。

しかし!

今回ご紹介するのは、淡麗系なのにも関わらず、「ここのラーメンはまた絶対に食べたい!!」と、もりっちが虜にさせられてしまったお店です。

その店名は……

いつみ屋٩( ‘ω’ )و

いつみ屋は、なんといってもわんたんめんが超有名!

ということで!

今回は、いつみ屋の「わんたんめん」をレビューしていきます。

それでは今日もはりきって、いきましょー( ^∀^)

らーめん「いつみ屋」の基本情報

いつみ屋は、カウンター9席のみのとても小さなお店です。

しかし!

なんと、ラーメンデータベース2009年醤油部門8位に入賞した実力店なんです!

らーめん「いつみ屋」のアクセス

JR武蔵野線「府中本町駅」から、徒歩2分のところにあります。

京王線「府中駅」南口からも徒歩10分なので、十分歩ける距離ですね。

外観は、かなり地味目です。

f:id:ownhome:20181230130450j:plain

らーめん「いつみ屋」の営業時間

営業時間は10:45〜15:00のランチタイムのみ。

火・水曜は定休日です。

いつみ屋は基本的に行列必須!

この日、年末土曜日の10:50頃到着したもりっち。

開店直後にも関わらず、すでに5〜6人行列ができていました。

f:id:ownhome:20181230130454j:plain

さすが、知る人ぞ知る人気店。

年末だから混んでいたわけではなく、むしろこの日は空いている方というから驚きΣヽ(゚Д゚○)ノ

基本的に、閉店時間ギリギリの15時頃まで、常に行列ができているそうです。

ただ、回転は悪くないので、基本的に30分以内には入れる模様。

5~6人待ちだったこの日は、15分程度の待ち時間で済みました。

たいした待ち時間ではありませんが、もりっちは、苦しめられてしまったのです……

だって、お店のドアが開き人がでてくるたびに、魚介の香りがプワ~~と香ってくるんですもの(´Д⊂ヽ!

お腹をギュルギュル鳴らしながら回転を待ち、やっとのことで入店です!

f:id:ownhome:20181230130459j:plain
店内の様子

いつみ屋のメニューは超良心的な価格設定

それでは、いつみ屋のメニューを見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

f:id:ownhome:20181230130503j:plain

  • らーめん:650円
  • 煮玉子らーめん:720円
  • わんたんめん:780円

など。

スープのベースはすべて同じ、醤油です。

醤油・塩・味噌などメニュー数が多いお店より、それ1本でやっているお店の方が、もりっち的には好印象(っ´∀`c)

そして、ありがたいことに、実に良心的な価格設定です。

らーめん(650円)はさることながら、味玉が+70円、わんたんめんは+130円。

ワンタン麺は900円くらいでも「高い」という印象は受けませんので、780円という価格設定には驚きです。

ちなみに、大盛りは+100円となっています。

今回は、「当店おすすめ」とも書いてあり、ラーメン好きの友人にもゴリ推しされていたメニュー、わんたんめんをチョイス!

今どき珍しく食券がありませんので、店員さんに口頭で伝えます。

いつみ屋の「わんたんめん」実食!

注文後、10分程度で麺が運ばれてきました。

f:id:ownhome:20181230130541j:plain

魚介の良い香りがします(人´ω`*)

透き通ったスープが美しいです。

ナルトが乗っており、昔ながらの感がありますね。

煮干し×鶏ガラの黄金色のスープ

まずは、スープをひと口。

レンゲが黒くて分かりにくいですが、透明感があります。

f:id:ownhome:20181230130446j:plain

わぉ~~(人´ω`*)

スープ、おいしっ!!!

目がカッとあいてしまうほど、ひと口目にインパクトがあります。

ネットの書き込みを見ると「煮干しラーメン」なんて書かれ方がされていますが、そのような印象は受けません。

煮干しはほんのり香る程度で、鰹節や昆布など複数の魚介たちが1つになり、とても複雑で深みのある味わいになっています。

さらに、鶏ガラも入っているため、非常にコクがあります。いわゆる、Wスープというやつですね。

ほんの少し、生姜の香りもします。

驚いたのが、「かなりあっさりしていそうだな」という見た目とは裏腹に、結構ジャンキーなお味ということ!

この手の見た目をしているラーメンは、無化調(化学調味料不使用)のことが大半ですが、いつみ屋はおそらく白い粉を使っています。そんなお味です。

無化調というと響きは良いですが、もりっちは、これまで何度も経験してきました。

コクが足りない無化調ラーメンを(´Д⊂ヽ

もりっちは別に、無化調じゃなくても良いんです。

要は、おいしければなんでも良い。

白い粉、カモンッ( ^∀^)

いつみ屋のスープはあっさりしながらもパンチがあり、もりっちの舌にものすごくマッチ!!

中太ちぢれ麺はモチっと食感

さぁさぁ、麺をいただきましょう!

f:id:ownhome:20181230130549j:plain

麺を持ち上げた瞬間、湯気がブワ~~っと舞います。

「写真が曇るやないかいっ( ・ᴗ・ )」

気を取り直して。

f:id:ownhome:20181230130516j:plain

うん!

モチっとしていて滑らかな舌触りでおいしいです(人´ω`*)

手もみ麺のような食感で、気持ち柔らかな茹で加減です。

本来もりっちは、中細ストレートで固茹でされたパッツリ系の麺が好み。

しかし!

いつみ屋の麺は、スープに非常に良く絡む太さ・食感・茹で加減で、「このスープにこれ以上あう麺、あります??」と言いたくなるくらい、スープと麺の相性は抜群です( ^∀^)!!

絶品わんたんは贅沢に5個!

そしてお待ちかねのわんたん。

f:id:ownhome:20181230130508j:plain

ずっしり重みがあります。

食べてみると……

f:id:ownhome:20181230130511j:plain

おぉっ!!

ごま油の風味がすごい!!

下味がしっかりついており、わんたん単体でもとてもおいしく食べられます。

これはまさに絶品(人´ω`*)!

普通、わんたんというと、具は少なめで皮の存在感が大きいイメージですが、いつみ屋のわんたんは、肉肉しい(゚∀゚)!!

やや小ぶりの餃子のような食べ応えです。

茹で加減も良く、箸で持ち上げても皮が切れることなくわんたんを丸々頬張れます(っ´∀`c)

「割と皮だけ脱落するパターン、あるよねっ( ・ᴗ・ )」

これだけしっかりしたわんたんが、なんと5つも入っています。

らーめん+130円でつけられるなんて、わんたんをつけない理由が見当たりません。

チャーシューはホロホロ

チャーシューは、昔ながらの豚肩ロース。

スープにつけておいて脂を溶かすと、箸で簡単に切れるほど柔らかくなります。

f:id:ownhome:20181230130521j:plain

ホロホロしていて、これまたとてもおいしいです(人´ω`*)

豚肉のうまみを感じます。

脂身部分も、最高( ^∀^)!!

わんたんのおいしさに感動してチャーシューの存在感がなくなってしまう感がありますが、チャーシューも、ハイレベルな仕上がりです。

やはり、醤油ラーメンは、今流行りの低温チャーシューより、豚バラや豚肩ロースのホロホロチャーシューがおいしいですね。

メンマや海苔も忘れずに

わんたんとチャーシューに圧倒されて、もはやサブキャラ感が否めないメンマですが、変に甘く味付けされているようなこともなく、素朴な味でおいしいです。

f:id:ownhome:20181230130525j:plain

6~7本と、たっぷり入っています。

麺は、海苔と一緒にすするのもまた美味(人´ω`*)

f:id:ownhome:20181230130529j:plain

ごく普通の海苔ですが、入っていると、気持ちちょびっと嬉しいんですよね(っ´∀`c)

完食!

どんどん食べ進め……

f:id:ownhome:20181230130533j:plain

完食!!

食べ応えあるわんたんが5個も入っていたので、もりっちも満腹! 大満足( ^∀^)

ごちそうさまでした( ^∀^)

もりログ評価(各5点満点)

絶品わんたんめんを提供してくれる、府中の名店「いつみ屋」。

もりっちの評価は……

味・・・・・・4.0

コスパ・・・・4.5

サービス・・・3.4

総合評価・・・4.1

あっさり系の見た目なのにもかかわらず、魚介と鶏ガラが見事にマッチし、程よいジャンキー感のある非常にバランスのとれた一杯です。

わんたんは具がたっぷりと入っていて肉肉しく、食べ応え抜群( ^∀^)

いつみ屋のわんたんめんであれば、普通盛りでも十分お腹が満たされます。

そして、これだけのボリューム感とクオリティで780円というのは、まさにコスパ抜群。

地元民のみならず、少し遠くても、

「いつみ屋のわんたんめんを食べに行きたい!」

そう思わせてくれるような、癖になるおいしい一杯です。

みなさんもぜひ、絶品わんたんめんを食べに、府中にいらしてみてはいかがでしょうか。

「府中競馬場や大國魂神社もある良い街だよ( ・ᴗ・ )」

それでは今日はこのへんで。

またお会いしましょー( ^∀^)