注文住宅の見積もりで予算オーバーした時のコストダウン術15選

f:id:ownhome:20190530174313p:plain

こんにちは、もりっち(@moricch_i)です(^∀^ )

いざ注文住宅計画を進めていると…

「予定予算より200万円もオーバーしちゃってて、ヤバい…(°Д°;)」

なんて愕然としますよね。。。

中には「仕方ない。ローンの借入額を増やそう!」と考える方もいますが、その考えはあまりに危険。

注文住宅の予算は、ライフプランを考えた上で「余裕をもった返済をしていける」範囲に抑えることが大前提です!

では、予算オーバーしてしまった時はどうすれば良いかと言いますと…

予算オーバーからの巻き返し、やってやりましょう٩( 'ω' )و

てなわけで今回は!

実際に注文住宅を建てたもりっちが、注文住宅で予算オーバーしてしまった時に使えるコストダウン術15選をご紹介していきますよっ(^∀^ )

それでは!

今日もはりきって行きましょー(^∀^ )

注文住宅の見積もりが予算オーバーした時に削れるポイントは4つ

念願の注文住宅計画で、あれやこれやと要望を詰め込んでいった結果…

もりっち
何百万円も予算オーバーしとるやないかいっ!
破産するやないかいっ!

なんて事態になること、結構よくあるんですよね。。。

ただ、最初に決めた予算を守らないと将来的に生活が苦しくなってしまうので、それだけは避けなければなりません。

てなわけで、どうにか当初の予算内に抑えるために、削れる部分は削っていこうではありませんか!!

なんせ注文住宅は、あらゆるところでコストダウンすることが可能なんですから٩( 'ω' )و

家の形から細かい設備まで色々なポイントで費用を抑えることができますが、ここでは「家全体のプランに大きな影響を及ぼさない」「必要時、後から追加・変更できる」(=削りやすい)ポイント順にご紹介していきたいと思います。

  1. 外構
  2. 設備
  3. 間取り
  4. 家の形(最終手段)

これらそれぞれについてのコストダウン術を知っているだけで、あなたの注文住宅が予算内で妥協がない素敵なものになりますよ(人´ω`*)

なお、年収に応じた適正予算についてはこちらの記事が参考になります(^∀^ )

www.moricchi.com

もりっち
それでは! コストダウン術15選、行ってみよう!

外構編

まずは、「外構」から!

外構は大幅コストダウンを狙えるポイントであることはもちろん、他の部分と違い「後から追加・変更が比較的簡単にできる」という特徴があります。

また、やりかた次第ではプラン変更なしにコストダウンが可能!

予算オーバーでお困りのあなたはぜひ、最初にチェックして行きましょう٩( 'ω' )و

1.相見積もりをとる

外構で費用を削る時にまずオススメしたいのが、「他社にも見積もりをとる」方法。

相見積もりをとり最も安い業者に依頼することができれば、何十万円単位のコストダウンが可能です。

こちら、「賢い家づくりの先輩・びびさん」から教えて頂いたやり方なんです!

世の中には多くの「外構専門店」がありますから、ハウスメーカーに依頼するよりも同じプランを安く実現できる可能性がかなり高いんですよね(゚∀゚)!

ただ、すべて同じ業者に依頼しておいた方が「責任の所在」が明らかなので、「不備があった際には確実に保証してもらえる」というメリットがあることもまた事実。

ところがどっこい!

「外構も同じ業者に任せたい」という場合であっても、ぜひ他社にも相見積もりはとってみてください。

なぜなら…

相見積もりがあると、現在依頼している業者が値引きしてくれる可能性大だから٩( 'ω' )و

工務店やハウスメーカーだって当然「外構もうちの会社でやって欲しい…!」と思うわけですから、お客さんが自社より安い業者で揺れているのであれば、値引きを頑張ってくれるというわけ。

相見積もりをとるだけでほぼ間違いなく値引き交渉できますから、これはやらない手はないですよ(^∀^ )

もりっち
外構の面積が広ければ広いほど、値下げ幅も大きいわよ!

2.門扉・塀などをカットする

外構の2つ目は、いっそのこと門扉(もんぴ)や塀を無くしてしまうこと。

広い面積であればあるほど、外構工事をカットすれば数十万円〜100万円単位のコストダウンが可能です。

実際のところ、門扉・塀などあった方が「プライベートな空間が守られる」というメリットはありますが、防犯面では門扉や塀などない方が優れているという説も。

f:id:ownhome:20190527195743j:plain

(出典:住友林業HP

もりっち
オープンな家ほど泥棒さんの隠れる場所がなくなるから良いらしいよ!
それに、家が建ったあとに追加工事もできるしね!

また、「なくす」よりコストカットの幅は少ないですが、費用が多くかかる「塀」の高さを低くして代わりに「フェンス」でカバーするという案もあります。

f:id:ownhome:20190527210127j:plain

(出典:UCHI PEDIA

外構の変更は、何十万円ものコストダウンを狙えるポイントです。

予算が厳しい方は、まずは外構から見直してみるのが良いでしょう。

設備編

お次は設備編(キッチン・トイレ・風呂など)。

すべての設備について言えるのは、「グレードを下げる・メーカーを変更することでコストダウンが見込める」ということ。

ただし!

「標準仕様」のものは「その業者が大量に仕入れている」ものですから、「良いものが安い」可能性はあるんですよね。

グレードダウンしたものと同額まではいかないにせよ、「コスパは圧倒的に標準のほうがお得」というパターンも多いですから、グレードダウン・メーカー変更することでいくら費用を抑えられるのかを確認し、予算と相談するのが良いでしょう。

それではここから!

各設備ごとにできるその他の工夫について、具体的にお伝えしていきますよ٩( 'ω' )و

3.なるべく自分で用意する

設備編の1つ目は「自分で用意できるものは自分で用意しましょう!」ということ。

いわゆる「施主支給」というやつですね。

たとえば、エアコンやカーテン、照明などなど。

f:id:ownhome:20190530171813j:plain

細かいところで言うと、「表札」なんかもそうですね。

工務店・ハウスメーカーに依頼すると、大量発注しているぶん「定価から値引かれた価格」がベースになりますが、そこに諸経費(人件費)が上乗せされます。

もりっち
たとえば住友林業の場合、価格×12%かかってしまうわよ。
巷では「きこりん税」と呼ばれているらしいわ…。

このため、家電量販店やAmazon・楽天などを利用して自分で用意したほうが、グッと安くあがることがほとんど。

施主支給であれば、手間はかかるけれど「プランを変えずに予算を抑えられる」ので、これはかなりオススメですね。

もりっち
労力でお金を取り返すべし!

4.造作家具を減らす

お次は家具。

注文住宅の場合、棚や収納などを「造作家具」にすることが多いですが、造作家具は結構コストがかかります。

f:id:ownhome:20190528235135j:plain

(出典:クボタ住建HP

check!

造作家具とは:既製品で売られている家具ではなく、その部屋のサイズや目的に合わせ、建築の際に大工さんに作ってもらう家具。「備え付け家具」とも言います。

造作家具はサイズ感やデザインが家そのものとぴったりマッチするため、利便性や見た目のオシャレ度は間違いなく高いです。

ただ…予算オーバーして家計が苦しくなるくらいなら、いっそのこと造作家具はやめましょう。

リビング・ダイニングなど目立つ箇所の収納は造作を採用し、ウォークインクローゼットや子ども部屋などあまり目立たない部分の家具は格安家具店で購入するのも良いでしょう。

もりっち
ニトリとIKEA、なめんなよっ!

また、DIYで自ら製作するのも楽しそうですね(^∀^ )

5.ドアを極力カットする

「なくせるドアはなくす」というのも有効です。

ドア1枚2〜5万円もしますから、バカになりませんよね。

たとえば、パントリーなんかはドアを削減しやすいポイントであると言えます。

f:id:ownhome:20190528185832j:plain

(出典:アキュラホームHP

間取りを見直し、必須ではない箇所のドアは削ることも検討してみましょう。

6.キッチン:対面・アイランドから壁付け式に変更する

そしてキッチン。

もしあなたが対面・アイランドキッチンのプランである場合、「壁付けタイプ」に変更することで20〜50万円のコストダウンが可能です。

一般的にキッチンは、形によって以下のような価格差があります。

  • 壁付け:70万円前後
  • 対面:90万円前後
  • アイランド:120万円前後
f:id:ownhome:20190530181814j:plain

ちなみに壁付けの場合、

  • 狭いスペースを有効活用でき、リビング・ダイニングを広く使える
  • 部屋が油汚れしにくい

などのメリットもありますから、「絶対に対面式が良い!!」などこだわらないのであれば、形の変更もアリではないでしょうか。

もりっち
もりっち、アイランドがこんなに高いなんて全然知らず、言われるがままにアイランドで契約しちまったよ!

7.お風呂:サイズ変更・浴室暖房乾燥機カット

お次はお風呂。

お風呂のコストダウンのポイントは2つ!

  • サイズを小さくする
  • 浴室暖房乾燥機をつけない

お風呂は通常「1.6m×1.6m(1坪サイズ)」が標準サイズですが、「1.2m×1.6m(賃貸マンションはほとんどこれ)」にスケールダウンすることで10万円程度費用を抑えることができます。

もりっち
ちなみに、サイズを小さくしても「浴槽」の大きさは変わらないわよ!
実際にショールームなどでサイズ感を確認して支障がなければ、小さいものに変更してしまうのもアリね!
f:id:ownhome:20190530173010j:plain

また、最近では浴室暖房乾燥機が標準仕様でついていることが多いですが、本当に必要かどうかを考えるべきですね。

「洗濯物を乾かす」ことを目的とするのであれば、乾燥機つき洗濯機を使用している・購入予定の場合にはなくても困ることはないでしょう。

もりっち
もりっち邸は、浴室暖房乾燥機設置に12万円もかかったから、これをカットすれば結構な節約になるわよ!

ただ、浴室暖房乾燥機は「冬場のヒートショックを防げる」効果もありますので、特に高齢者がいる世帯ではつけておいた方が良いかなと思います。

check!

ヒートショックとは:冬場の入浴で、暖かい部屋から寒い浴室へ移動することで急激な血圧変動が起こり、心臓に負担がかかってしまう現象。特に高齢者に起こりやすく、心筋梗塞や脳卒中の原因になります。

8.トイレ:形の変更・手洗い器をカット・数を減らす

トイレに関してできる工夫は、以下の3点です。

  • トイレの形を変更する
  • 手洗い器をカットする
  • (2,3階建ての場合)数を減らす

現状のプランでトイレが「タンクレス」なのであれば、「ロータンク」または「タンクつき」に変更することで2〜5万円のコストカットが可能です。

f:id:ownhome:20190526122517j:plain

(参考:TOTO公式サイト

check!

タンクレストイレとは:便器にタンクがついておらず、便器本体とウォシュレットが一体になっているトイレ。場所をとらないためトイレを広く使うことができ、見た目がスマートでオシャレ、かつ掃除しやすい。ただ、停電時には使えない。
ロータンクトイレとは:構造は「タンクつき」と同じだが、形状がタンクレスに近く、場所をとらない・すっきり見えるメリットあり。停電時にも利用可。

ロータンクタイプでも、タンクレスと同等まではいかないまでも「見た目のスタイリッシュさ」は保てますから、変更して費用を抑えるのも良い選択かと思います。

もりっち
ちなみに停電時のことを考えると、少なくとも1つはロータンクかタンクつきを採用することをオススメします!

また、手洗い器をカットすることでも2〜10万円程度のコストダウンが可能。

f:id:ownhome:20190530184816j:plain

近くに「洗面台」がある場合、手洗い器がついていないからといって困ることはないかと思います。

もりっち
掃除する箇所が減るのはメリットだしね!

さらに極めつけは、2階建て・3階建ての場合に限りますが、「トイレの数自体減らす」方法。

トイレは1台設置するのに本体代・工事費などで50万円程度かかりますので、1つ減らせば大幅にコストダウンすることができます。

  • 2階建て:1階のみ
  • 3階建て:2階のみ

意外とこれでなんとかなるみたいです。

知人のお宅は4人暮らし(夫婦・子ども2人)の3階建てで「トイレは2階のみで『なんの問題もない』」と言っていました。

トイレ掃除が楽になりますし、トイレをカットしたぶん部屋を広くしたり収納を増やしたりできるメリットもありますから、選択肢の1つとしておくと良いでしょう。

もりっち
もちろん、部屋を広くしたり収納にしたりするのに費用は少しかかるけれど、それでも何十万円と浮くことは間違いないわ!

9.太陽光パネル:相見積もりをとる・設置自体やめる

設備編の最後は、太陽光パネルについて。

これにつきましても、外構同様に相見積もりをとることは超有効です٩( 'ω' )و

相見積もりをとり最安値の業者に依頼することで、設置面積が広い場合なんかには100万円以上も差が出ることがあるんですΣ(°Д°υ)

これは、やらない手はないですよね。

一括見積もりサイトであれば手間なく複数社の見積もりがもらえますので、非常に使い勝手が良いですよ(^∀^ )

一括見積なら優良業者のみを取り扱う、4年連続実績No.1の以下のサイトがおすすめです!

そして、いっそのこと思い切って「太陽光パネルをつけない」選択をするのもアリ。

そうすれば、100〜250万円ほどの大幅なコストダウンが可能です。

パネルの設置費用自体は昔よりだいぶ安くなっていますが、実は、売電価格は年々下がってきています。

f:id:ownhome:20190527225229j:plain

(出典:ソーラーサポートセンターHP

このため、設置面積によっては「元が回収できるか微妙」なんて事態もあり得ますから、その点含めて設置の要否を再検討してみてはいかがでしょうか。

もりっち
もりっちは18坪3階建てで屋根の面積が狭くメリットがなさそうだったから、太陽光パネルはつけないことにしたわ!

間取り編

お次は間取り編!

前項の設備編と比較すると、少し「思い切り」が必要になってきます。

せっかく考えたプランで間取り自体を見直すのは苦渋の決断かもしれませんが…

実は!

間取りを見直すことで、コストダウン以外にもメリットがあるのです!!

間取りを変更することのメリット・デメリットを理解した上で、削れる箇所は削っていきましょう٩( 'ω' )و

10.窓を小さくする・数を減らす

間取り編の1つ目は、「窓を小さくする・窓の数を減らす」こと。

窓は大きければ大きいほど、多ければ多いほどコストがかかりますから、小さい窓に変更したり数を減らしたりすることは有効です。

ちなみに!

窓は「多ければ良い」というものではありません。

窓のメリットとして

  • 風通しが良くなる
  • 採光性があがり部屋に開放感が生まれる

などがあげられますが、コスト面以外にもデメリットがあるのです。

それが…断熱性が下がること。

家は柱と柱の間に断熱材を入れていきますが、窓を作った部分には断熱材を入れられないからですね。

ってなわけで、窓を減らすことはコスト面だけでなく住心地においてもプラスに働く可能性がありますので、検討の余地ありかと思います。

11.最初は子ども部屋の間仕切りは作らない

お次は、不要な間仕切りは作らないこと。

特に「子ども部屋」は、施工段階では減らしてしまっても問題ない場合が多いかと思います。

考えてみると、子どもが「子ども部屋」を使うのは、どんなに早くても小学生からですよね。

リビングにちょっとしたスタディコーナーをつける場合には、実際に自分の部屋を使うのは中学生以降からかもしれません。

もりっち
今は「リビングで勉強させる」というスタイルが流行りらしいわよ!

子ども部屋の間仕切りを無くせば、10〜15万円程度のコストダウンが可能。

実際にもりっちは、現在第1子妊娠中で「将来的にもう1人欲しい」と思っているのですが、間取りは2LDK(1階は主寝室と水回り・2階はLDK・3階は大きな1部屋)にしました。

そして、3階は将来的に間仕切りをして2部屋に分ける予定です。

f:id:ownhome:20190530173002p:plain
もりっち邸の3階

もう1人子宝に恵まれる保証はありませんし、最初は1部屋大きくとっておいた方が、そのスペースで子どもにちょっとした運動をやらせたり掃除しやすかったりするメリットがありますからね(^∀^ )

もりっち
知人宅では大きな1部屋の端っこにゴールを置いて、室内で子どもにサッカーをやらせていたわよ!

「子どもが2人だから3LDK」ということにこだわらず、最初は間仕切りをなくしておくのもオススメの方法です。

12.なるべく廊下をなくす

そして、なるべく廊下をなくすことも有効です。

廊下を造るのにも当然費用がかかりますから、廊下は少ない方がコストは下がります。

廊下を減らすための工夫でよくなされるのが、「リビング階段」に変更すること。

f:id:ownhome:20190529202028j:plain

リビング階段であれば1階から2階、2階から3階への移動の際に必ずリビングを通る動線ができますから、「親子のコミュニケーションが増える」という嬉しい副産物も(´ε`*人)

ちなみにもりっち邸は18坪という狭小地への建築でしたので、場所を有効活用できるようリビング階段を採用しました。

階段から冷暖房が逃げていってしまうことが心配でしたので、階段にロールスクリーンを設置しましたよ(^∀^ )

リビング階段には、よく雑誌などで見るこんなタイプもあります。

f:id:ownhome:20190529202015j:plain

こちらの「階段が丸々リビングにある」デザインですと、階段のための壁の設置費用もカットすることができちゃうんです٩( 'ω' )و

ただ…

このタイプですと、冷暖房効率はちょっと気になりますね(´Д⊂ヽ

なので、もりっち的には1つ目のタイプをオススメします(^∀^ )

もりっち
全館空調なら冷暖房効率は間取りに関係ないから、2つ目のタイプもありよ!

13.水回りを1箇所にまとめる

お次は水回りのコツ。

水回りは、極力1箇所にまとめた方が費用を抑えることができます。

最近では2階建てで「1階に洗面台、2階にお風呂と洗濯機」を配置する間取りが流行っていますが、コスト面でオススメなのは「1階に洗面台・お風呂・洗濯機をまとめる」間取りです。

1箇所にまとめることで、給排水管工事費用を抑えられるからですね(^∀^ )

もりっち
2階に浴室・洗濯機パターンだと「1階のLDKを広くとれる」メリットがあるけど、費用はどうしてもプラスでかかってしまうわ!

また、1階より2階、2階より3階に水回りを設置した方がコストが高くつきますので、コストカットするためにはなるべく下の階に水回りを集中させたほうが良いでしょう。

家の形編

そして最終手段、家の形。

せっかく考え抜いて作り上げたプランですから、家の印象が大きく変わるこの部分はなるべく変更したくありませんよね…。

しかーし。

実際のところ、現在のプラン次第では、「家の形」を変更することで大幅なコストダウンを狙えちゃうんです!

「予定よりも予算が数百万円もオーバーしちゃってる…(°Д°;)」

なんて方は、必ずチェックしてくださいね(^∀^ )

14.屋根の形を変更する

まずは屋根を安価なものに変更すること。

注文住宅では様々な屋根を選択することができますが、コスト面でオススメなのは「片流れ屋根」と「切妻屋根」です。

f:id:ownhome:20190530173006j:plain
屋根の種類 メリット デメリット
片流れ屋根 コストが安く、メンテナンス性に優れている。シンプルでデザイン性も良く家がスタイリッシュになる。1面が広いため太陽光パネルを多くつけやすい。 設置位置が高くなるため隣家への配慮が必要。屋根の向きによっては太陽光パネルは設置できない。
切妻屋根 コストが安く、メンテナンス性に優れている。上からの雨水をすばやく排水することができる。どんな屋根材でも使用できる。 多くの家で採用されているため個性が出せない。デザイン性が低い。
寄棟屋根 耐風性に最も強くどの方向からも雨や日差しを防いでくれる。どんな建物にも合いやすいデザイン。 設置のコストやメンテナンス費が高い。雨漏れしやすい。1面が小さいためパネルの設置枚数に制限がある。

建設場所によっては屋根の形を選択できない場合もありますが、コストは片流れ(安)→切妻→寄棟(高)の順に安くなりますので、選べるのであれば屋根材で節約していきましょう!

もりっち
機能性はどれも一長一短といった感じだからあまり気にしなくて良さそうだし、屋根の形なんて誰も見てないわよ!(無責任)

15.家は凸凹のないシンプルな形に!

そして最後、15個目のコストダウン術が「家の形自体をとにかくシンプルにする」方法。

具体的には、正方形・長方形にすると費用を抑えることができます。

凹凸があると、必要な外壁量が増えてしまうからですね。

f:id:ownhome:20190530193451j:plain

狭小地・変形地で「凹凸のある形じゃないと床面積の確保が難しい」といった場合にはやむを得ませんが、ある程度の土地があり調整できる場合には、家の形を見直してみましょう。

実は、予算オーバーしてもプランを変更せず大幅値下げを狙える!

ここまで、家の様々な部分でコストダウンを図る秘策をお届けしてきました。

最後に!

もりっちからあなたにオススメしたいのが、「他社にも見積もり請求してみる」こと。

みなさんもうお馴染み、相見積もりってやつです٩( 'ω' )و

そうすることで…

  • より安く家を建てられる業者と出会える
  • 業者を変えない場合も、値下げ交渉の材料になる

こういった理由があるからです。

注文住宅では、同じプランで施工していくにしても、依頼先(業者)によってかかる予算は驚くほど差がでます。

工務店やローコストメーカーと大手ハウスメーカーとでは、20%〜25%も見積もりが変わってくる場合があるのはビックリですよねΣ(°Д°υ)

つまり、大手ハウスメーカーの見積もりが3,000万円の場合、業者変更することで600万円以上も安く建てられるというわけ。

もりっち
でもやっぱり、せっかく決めた業者なんだし変更は絶対嫌…

こんな風に思うこともありますよね。

しかし!

その場合にも相見積もりをとっておくことで、数百万円単位の値引きをしてもらえる可能性があるのです(゚∀゚)!

537万円の値引きに成功! 一括見積もり請求が予算オーバーを救う!

もりっちが実際に利用してみて「良かった!!」と思っているのが、無料の一括見積もり請求サービスです。

こちらのサービスでは、ネット上で予算・建設予定地・敷地情報・希望の階数・間取りなどを入力していくだけで、複数社から無料で資料や見積もり・間取りを送ってもらうことができます。

すでに1社または複数社と打ち合わせを進めてきたあなたの手元には…「間取り」があるはず!

ってことで、これを使わない手はありません(✧Д✧ ) キラーン!

添付資料欄に間取り図を添付し、「添付の間取りで施工した場合の費用を教えてください」と記載しましょう。

f:id:ownhome:20190526095059j:plain

そうすることで、自宅にいながら簡単に各社から見積もりをゲットすることができます。

価格を見比べて、現状のプランを変えずに予算内に抑えられる業者があるならば、いっそのこと依頼業者を変更してしまうのもアリではないでしょうか。

また、業者変更しない場合にも「B社では◯◯万円も安く建てられると言われたので、迷っています…」と現在の担当者に伝え、値下げ交渉の材料にするのもオススメ。

この場合、「本当は貴社のことが1番好きで貴社と契約したいのですが…B社と比べると見積もりがどうしても…(つд⊂)」といった具合に、希望メーカーへの”愛”を伝えるようにしましょう!

もりっち
「値下げしてくれなきゃ契約しないぞ!」みたいな脅しコメントは、嫌われるだけで結局損するわよ!

ちなみにもりっちはこの方法で、本命の住友林業に537万円もの値引きをしてもらうことに成功いたしました(゚∀゚)!

家づくりは、主体的に動いた者勝ち。

損せず予算内で理想の注文住宅を建てられるよう、やれることはすべてやってやりましょう٩( 'ω' )و

注文住宅で絶対に後悔しないための「資料一括請求サービスの賢い使い方」については、こちらの記事でご紹介しています(^∀^ )

www.moricchi.com

まとめ

もりっちがお送りするコストダウン術15選、いかがでしたでしょうか。

せっかく建てる注文住宅ですから「理想をすべて実現させたい!」と思うのは当然のことですが、やはり予算ありきでプランを組んでいくべきだと思います。

ただ、予算を抑えたからといって必ずしも「しょぼくなる」なんてことはありません。

ポイントを抑えれば、予算内で素敵な注文住宅を建てることは十分可能!

この記事が、あなたの注文住宅計画を少しでもお助けできたのならこれ幸い(^∀^ )

それでは今日はこのへんで。

またお会いしましょー(^∀^ )