浅草のコスパ優秀とんかつ屋「とお山」のロースかつ定食をレビュー!

f:id:ownhome:20181106233613p:plain

こんにちは、もりっちです( ^∀^)

浅草に行ったときに感じることと言えば……

人力車乗りたい!

外人さん多い!

雷おこし食べたい!!

とんかつ食べたい!!!

はい、ということでねっ( ^∀^)

今回は、浅草のコスパ優秀とんかつ屋「とお山」のロースかつ定食をレビューしていきます。

今日も、はりきっていきましょー( ^∀^)

とんかつ「とお山」の基本情報

とんかつ専門店「とお山」は、2015年にオープンしました。歴はまだ浅い方ですね。

とお山のホームページを見てみると、観光客と言うより「地元民に愛されるお店」を目指して創業されたことが伝わってきます。

とんかつ「とお山」のアクセス

とお山へのアクセスは、以下の3パターンあります。最寄りは「浅草駅」です。

  • 東武浅草駅北口から、徒歩30秒
  • 地下鉄銀座線浅草駅7番出口から、徒歩1分
  • 都営浅草線浅草駅A5出口から、徒歩2分

台東区花川戸1-6-8 廣野ビル 1F

駅チカで、アクセス良好です。

f:id:ownhome:20181105235424j:plain

とんかつ「とお山」の営業時間

営業時間は、以下のとおりです。

  • 11時〜21時30分
  • 年中無休

ランチから通し営業で、定休日はありません。

もりっちは今回、火曜日の12:15頃初訪問!

とんかつ「とお山」にいざ入店!

店内はやや混雑していましたが、なんとか待つことなく入店に成功!

カウンター席9席・お座敷8席で、計17席のみの店内です。

f:id:ownhome:20181104115457j:plain
カウンターの様子

f:id:ownhome:20181104115636j:plain
ちょうどお座敷も空いた

浅草特有の「外国人」の方はおらず、20~60代くらいまでと、幅広い年代の方々で賑わっていました。

とんかつ「とお山」のメニュー

それでは、メニューを見ていきましょう!

メニューはすべて、税込み表示で分かりやすいです。

1ページ目には、期間限定の牡蠣フライが載っています。

昼からカツ煮をつまみに飲めるちょい飲みセットは、なんとも魅力的です(っ´∀`c)

f:id:ownhome:20181104115451j:plain
牡蠣フライ(1個300円)とちょい飲みセット(1,250円)

続きましては、メインのカツ!

f:id:ownhome:20181104115447j:plain
メインのランチメニュー

単品では、

  • ささみかつ:1本380円
  • サーモンかつ:450円
  • チキンかつ:750円

などがあります。

メインの定食は、以下のとおりです。

  • ロースかつ定食:980円
  • ヒレかつ定食:1,100円
  • 上ロースかつ定食:1,550円
  • 鹿児島県産黒豚 厚切りロースかつ定食:2,300円
  • 鹿児島県産黒豚 棒ヒレかつ定食:2,500円
  • 盛り合わせかつ定食:980~1,100円
  • かつカレー(ヒレ・ロース・チキン):各980円

1,000円前後でも定食が食べられるため、割とリーズナブルな印象です。

ちなみに、隣に座っていたおじちゃんが「黒豚厚切りロースかつ定食」を食べていましたが、厚みが尋常ではありませんでした……。

見た感じ、普通のカツの3倍ほどの厚みです(゜ロ゜)ギョエッ

「もりっちも、いつの日かこの手で厚切りかつを掴みたい……(*´Д`人)」

ご飯とキャベツは嬉しい〇〇〇

定食は、メインが美味しければおいしいほど、ご飯が進みますよね。

「ご飯、足りるかなぁ……(´Д`*)」

もりっちはいつも、そんな風に心配してしまいます。

しかーし!

とお山であれば、心配ご無用!

だって……

とお山は、ご飯とキャベツがお替り無料なんです٩( ‘ω’ )و

気兼ねなく、ご飯もキャベツもモリモリ食べられる解放感たるやヽ(o´∪`o)ノ

とお山のロースかつ定食をいざ実食!

今回は、初訪問ということもあり、とんかつ屋の定番メニューロースかつ定食(980円)を注文!

注文してすぐ切干大根が

注文して間もなくすると、切干大根が運ばれてきました。

f:id:ownhome:20181104115630j:plain

お腹ペコペコなもりっちは、さっそくいただきます。

f:id:ownhome:20181104115614j:plain

かなり濃い味付けで、甘みがやや強めです。

個人的には、もっと甘くなくてお出汁のきいた薄味の方が好み。。。

しかし、小鉢がでてくると、印象がグッと良くなるものですね。

「切干くん、グッジョブ( ・ᴗ・ )」

注文後15分程度は我慢!

とお山は、料理が運ばれてくるまで結構な時間がかかります。

もりっちの注文時、他の注文はほぼ入っておらず、厨房は割と暇そうでした。

しかし、なかなか出てこない……

出てきたのは、16,7分後くらいです。

「そんなに時間がかかるの?!」のやや不満に思いましたが、こんな時のための切干大根!

メインのとんかつが出てくるまで、間を持たせてくれるのでありがたいですね。

「切干くん、グッジョブ( ・ᴗ・ )」

ついにロースかつとご対面!

とうとう、もりっちの元に、ロースかつ定食が運ばれてきました(*´∀`)

f:id:ownhome:20181104115501j:plain

カツは良い感じの黄金色です。

f:id:ownhome:20181104115640j:plain

キャベツの盛りが豪快!

とりあえず、今流行のベジファースト!

てことで、山のように盛られたキャベツから。

ごまドレッシング和風ドレッシングが用意されており、お好みで選ぶことができます。

「キャベツにもとんかつソースをかけて食べてね」なんてお店も少なくありませんので、ドレッシングが用意されているのは、かなりありがたいです(*´∀`)

しかも、2種類もあるなんて!

「なんて粋な計らいですこと( ^∀^)」

初めは、ごまドレでキャベツをいただきます。

f:id:ownhome:20181104115505j:plain
マウントオブキャベツ

f:id:ownhome:20181104115508j:plain

ふんわり盛られたキャベツは、シャキッと良い食感です。

本来であれば「野菜を完食してからお肉」というほうが健康的ではありますが、そうはしないもりっち。

カツは、熱々のうちに食べないと!!

てことで、申し訳程度のベジファーストをしてから、メインのカツに移ります。

ロースカツはサクッと軽くてジューシ

まずは端っこ。

f:id:ownhome:20181104115643j:plain
端っこだけソースをかけてっと

f:id:ownhome:20181104115515j:plain

脂身の旨味がたまら〜ん。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

もりっちは、カツの端っこの脂身が大好き( ^∀^)

そして、衣はサクッとしていて、まぁ〜軽いこと軽いこと!

とお山では、揚げ油も衣もこだわっているんだとか!

揚げ油はラード(豚の脂)とヘッド(牛の脂)、そしてパン粉は粗さの違う2種類をブレンドし、使用しているそうです。

「そりゃ、自宅じゃだせないお味になるわよねっ( ・ᴗ・ )」

さてっ。脂身ゾーンを越えたあとは、肉の旨味を感じましょう!

f:id:ownhome:20181104115424j:plain
横からのアングル

f:id:ownhome:20181106205528j:plain

厚みに惚れ惚れしちゃいます(*´ω`)

「運ばれてくるの、遅いっ(`ε´)」なんて不満に思っていましたが、この厚みであれば、待ち時間が長いのも納得です。

口に運ぶと……

f:id:ownhome:20181104115521j:plain

肉の旨味と脂身の甘みが、口いっぱいに広がります。

しっとりしていて、パサつきは全くありません。

「若干……レアなのでは?!」と思うほど、火の通り方がぎりぎりのところを攻めています。

これはおいしい(*´∀`)

カラシとも相性抜群です。

f:id:ownhome:20181104115528j:plain

ご飯はツヤと甘みあり!

これだけおいしいカツで、ご飯が進まないはずがありません。

とお山のご飯は、実にツヤツヤしています(*´ω`)

f:id:ownhome:20181105233453j:plain

しっかりと、お米1粒1粒の旨味、甘みを感じます。

「お米、おいしい……(●゚∀゚●)」

それもそのはず、とお山のお米は、新潟産コシヒカリ!

炊き加減も、硬すぎず柔らかすぎず、ちょうど良いです。

カツの違いはもちろんですが、お米の品質も、格安チェーン店とは全然違うといった印象を受けました。

お味噌汁もお肉の出汁が十分!

そしてお味噌汁。

表面に、結構な脂が浮いています。

f:id:ownhome:20181105233450j:plain

味噌の味は、かなり濃いめです。

豚細・ネギ・シイタケ・ごぼう・大根と、具材も割とたくさん入っています。

f:id:ownhome:20181104115545j:plain

豚のお出汁がしっかりでていて、おいしいです(*´ω`)

結構しょっぱいこともあり、味噌汁だけでご飯1杯いけてしまいます。

カツは味変も楽しめる

そして、とお山には、嬉しい特徴があります。

それは!

カツを色々なお味で楽しめること٩( ‘ω’ )و

f:id:ownhome:20181104115436j:plain
素敵なご提案に感謝

  • 竹炭黒塩
  • 茎わさび

より「和」でとんかつを楽しむにはぴったりな予感……(*´ω`)

肉の旨味を感じるには「竹炭黒塩」がおすすめ

まずは竹炭黒塩から。

f:id:ownhome:20181104115532j:plain
小瓶で用意されている

f:id:ownhome:20181104115535j:plain
どうみても黒ゴマ

おっ!

肉の旨味がダイレクトに伝わってきます(●゚∀゚●)

ソースですと、それ自体の味が濃いので、どうしてソース味を感じずにはいられません。

それに比べ、塩味ですと、肉そのものの味を楽しむことができます。

ただ、正直なところ、普通の塩との違いはよく分からず。。。

「黒くて見やすいから、かけすぎを防げるありがたさ(゚ー゚)」

さっぱり食べるなら「茎わさび」

お次は、茎わさびです。

f:id:ownhome:20181104115427j:plain

醤油もかけて、いただきます。

f:id:ownhome:20181104115542j:plain

わさびがピリッと香ります。予想以上にさっぱりしていて、食べやすいです(*´ω`)

ソースに比べて茎わさびを使った方がグッと軽く食べられますので、後半とんかつが「重たくなってきた」と感じ始めた時なんかには、特に最適だと感じました。

最後の1切れは……

味変も楽しみながら、どんどん食べ進めたもりっち。

気がつけば、とんかつはラスト1切れになっていました。

f:id:ownhome:20181104115548j:plain

これを何味で食べるか……。

もりっちが出した答えは……

f:id:ownhome:20181104115552j:plain
ソース、君に決めたっ!

やっぱり、とんかつはソースが一番合う!!

ということで、最後の1切れはソースに戻り、おいしくいただきましたとさ( ^∀^)

とんかつを食べ切った後は、残りのキャベツをペロリ。

f:id:ownhome:20181104115601j:plain
和風ドレッシングにシフトチェンジ

和風ドレッシングで、さっぱりといただきました。

完食!

f:id:ownhome:20181104115431j:plain

ふっ~~、ごちそうさまでした( ^∀^)

もりログ評価(各5点満点)

油にもパン粉にもこだわり、絶妙な火加減で揚げられたおいしいとんかつを提供してくれる「とお山」。

もりっちの評価は……

味・・・・・・3.5

コスパ・・・・3.6

サービス・・・3.5

総合評価・・・3.5

レアともとれるような絶妙な揚げ加減のとんかつは、サクッとジューシーで「さすが、とんかつ専門店!」といったお味です。

人気の観光地である浅草で、この立地・クオリティでこの価格は、かなりコスパ良好と言えるのではないでしょうか。

お店が目指している「地元民に愛される」というのが、価格にも表れている印象ですね。

また、基本的に並ばなくても入店できるのも、ありがたいポイントです!

「わざわざこのとんかつを食べるために浅草に来る」という感じのお店ではありませんが、浅草に立ち寄った際には、「また行くのもあり!」と思わせてくれるような、素敵なお店でした。

それでは今日はこの辺で。

また、お会いしましょう( ^∀^)